最初は難易度の低いものから

在宅ワークをスタートする時に最初から難易度の高いものを選んでしまうと挫折してしまう可能性があります。
そもそも在宅ワークを始める前にパートをしていて、そのパートをしていた時間を在宅ワークにあてるというのであれば働く習慣が日常生活の中に出来ているかもしれません。
しかし主婦業で家事と育児で忙しい毎日で、いきなり在宅ワークの時間を1日数時間確保しようと思ってもやろうという意志はあっても実行するのは難しいのです。

なので最初は難易度の低いものからスタートして、パソコンに向かう時間を増やし慣れてきたらもう少しレベルアップしていってはどうでしょうか?
最初にお勧めしたいのはポイントサイトやアンケートサイトです。
どちらも1つの作業に対してかかる時間は数分程度から始める事が可能です。

もちろん単価は安く1つの広告をクリックして1ポイントだったり、1つのアンケートに答えて5ポイントだったりと稼ぐというよりもお小遣いという感覚の金額しかもらえません。
ですがそこから始めて次にブログで記事を書いて1つの記事で150円だったり、モニターで新商品のレビューを書いて500円と新商品の現品をもらう事が出来たりと少しづつ金額のアップを目指していきましょう。

最初から在宅ワークで月5万円稼ごうと思ったら結構大変です。
5万円分の仕事量を受けてしまい、納期内に間に合わずに迷惑をかけてしまうという事になりまねません。
一応この仕事にはこれぐらいの時間がかかると明記されているものもありますが、それはあくまで慣れている人が作用した場合の時間であって誰でもその時間内で出来るとは限りません。
そのため自分がどれぐらい時間がかかるのか把握する事し、出来る範囲の量しか依頼は受けない事が大切です。

最初はポイントやアンケートサイトで月額数千円からスタートし、1ヶ月後には1万円を達成し、半年後には3万円稼げるようになったというふうにレベルアップとステップアップをしていきましょう。

経験不要の在宅ワーク

初めて在宅ワークをする場合にはその仕事を自分は本当に出来るのだろうか?という事です。
経験不要や初心者歓迎と求人に書かれている場合もありますが、本当に経験がなくてもやり方を理解する事が出来るだろうか?と思いますよね。
しかしどこまでの知識があったらその仕事は出来るのかは、仕事によって異なります。
結局のところ自分に出来るかどうかは実際にやってみないと判断が出来ないという事です。

例えば求人の際にメールでやり取りをする事になると思いますがその時にどのレベルのスキルがあれば仕事が出来るか事前に確認しておくといいかもしれません。
また業者によっては最初に簡単なテストを行うケースもあります。
そしてそのテストを見て依頼をするかどうか判断するわけです。
もしやり方が分からないという事があれば聞いて教えてもらうという事も大切です。

しかし相手はボランティアではありませんから、仕事内容の疑問点には答えてくれますがパソコンの基本的な操作を聞かれても正直困ると思います。
なのでエクセルやワードの操作の基本ぐらいは分からない事があればその都度自分で調べるなど勉強するようにしていきましょう。
そうやって学ぶ姿勢があれば初心者で経験がなくても徐々に経験を積む事が出来、初心者では出来ない仕事も出来るようになるでしょう。

また業者によってはオンラインで無料でスキルアップを支援してくれるサイトもあります。
例えばライティングをする場合にライティングの基本などを動画でアップしてくれるのです。
それを見る事でライティングをする上で気を付けないといけない事などが分かるので修正が少なくなり、効率よく仕事が出来るようになるでしょう。
最初は誰だって初心者です。
出来ない事があるのは当たり前です。しかし出来ない事にぶつかった時に出来ないからもう止めたと諦めるのではなく、出来るようになる努力をする事で出来る仕事が増えるようになります。
そうゆう積み重ねで信用を築ける人が在宅ワークに向いている人だと言えるでしょう。

在宅ワークでは音信不通になってしまう事が珍しくありません。
仕事の依頼を受けて、決められた納期までに間に合いそうもない。本来であれば謝罪をしなければいけない状況ですが、対面ではない、仕事に責任感を持たない人が少なくないためそのままバックレてしまうというわけです。

在宅ワークでWEBライターをしよう

在宅ワークの主流は内職ではなくパソコンを使った作業になっています。
初心者ならデータ入力やWebライターからスタートするといいでしょう。
ライターと言われると自分には無理そう、難しそうと思うかもしれませんが、普通に日本語の文章が書けてパソコンで文字入力出来ればOKです。
雑誌や新聞に載せるような本格的な記事ではなく、ネットで紹介する記事なのでそこまで本格的なレベルを求められる事はありません。
単価的には1記事150円~300円前後となりますが、医療関係や資格関係など専門的な知識を求められる文章だと単価はアップします。
後はアダルト要素が強い文章に対しても単価がアップするケースが多いようです。

自分が書けるジャンルを広がていく事で仕事の幅を広げていく事が出来るでしょう。
また文章の書き方の基本などオンラインで勉強する事も可能です。
スキルアップする事で単価アップが見込める仕事だと言えるでしょう。

あとは依頼に対して修正が少ない人、しっかり連絡が取れる責任感のある人、納期を守れる人など人柄が求められます。
ネットの在宅ワークのメリットは働き方が選べる点にあります。
特に女性の場合は年齢によって働き方が大きく変化するという人も多いでしょう。
例えば独身で昼間はOLで働いているけど欲しいものがたくさんあるし、旅行にだって行きたいから貯金をしたいという人なら平日の夜や休日を利用して在宅ワークをする事で月に5万円前後稼ぐ事が可能でしょう。

また結婚して仕事を辞めたらもう少し自由になる時間が増えるかもしれません。
家事をして残りの時間はがっつり在宅ワークに費やせば10万円前後稼ぐ事は可能でしょう。
そして子供が生まれたら今度は忙しくなってしまいます。
子供が小さいうちは少し休んで手が離れたら家事と育児の合間に月3万円程度稼ぎ、そして子供が学校に行くようになったら月5万円程度稼げるように作業量を増やす事が可能です。
つまり変動しやすいライフスタイルで無理なく働く事が出来る働き方として在宅ワークは適しているといえるでしょう。

月額2~3万円稼ぎたいという人に

月末になると給料日が待ち遠しいという人も多いでしょう。
せめてあと2~3万円給料が増えればもう少し生活が楽になるのに・・・・・そんなふうに思う事はありませんか?
副業をしたくても会社で副業が禁止されているという人も多いでしょう。
それに副業でコンビニでアルバイトをする場合、2~3万円分稼ごうと思ったら週に2~3回仕事の後に数時間働く必要があります。
これってやってみると分かると思いますが結構身体への負担が大きいものです。

それで睡眠不足だったり、疲労から本業でミスをしてしまうなんて事になったら大変です。
そこでお勧めしたいのが副業で在宅ワークをするという方法です。
在宅ワークの方がアルバイトよりも単価が安いからいっぱい働かないといけないんじゃないの?
余計に負担が大きくならないの?そんなふうに思うかもしれません。

しかし精神的な負担も肉体的な負担も在宅ワークの方が小さいと言えるでしょう。
まず気分の問題です。仕事が終わった後に今からアルバイトに行かないといけないと思うだけで憂鬱な気分になりますよね。
運悪くレジで変なクレーマーに絡まれたり、アルバイト先で苦手な人がいたりと気遣う事もあるでしょう。

それに体力的にもコンビニだと立ち仕事になるので1日働いた後に数時間の立ち仕事は体力的に疲弊してしまいます。
ですが在宅ワークなら朝1時間早起きして作業をして、家に帰ったからテレビを我慢して1時間作業をするのであれば寝る時間も変える必要はなく身体への負担も小さいでしょう。
それに毎日が無理ならしんどい時は在宅ワークをしない日にすればいいのです。
もちろん納期があるので、その分休日に作業をする必要がありますが、休日数時間作業をすれば月に2~3万円稼ぐ事が出来て貯金が出来る、欲しいものが買えると思ったらモチベーションは上がりますよね。
つまり小さな負担で長く続けられるからアルバイトよりも稼ぐ事が出来るというわけです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.